toggle
2022-02-03

弘前のラーメン / 『狼森食堂』の「味噌ラーメン」


 

思えば、1ヶ月半前の12月半ばは、積雪がほとんどなかった。

あの日は、岩木山神社までシーズン最後のツーリングだった。しかし、締めで食べる予定にしていた狼森(おいのもり)の「味噌ラーメン」を食べ損ねていた。

あれ以来、津軽一帯はドカ雪となり、ロードバイクのシーズンも終了。カロリーを消費する方法は雪かきへと変わった。

 

「味噌ラーメン」のリベンジをする機会もなく時間が過ぎていたが、先週チャンスが巡ってきた。

狼森でジムニー専門店を営むチャリ仲間から「おばけやさい」の注文をいただいた。彼は「悪いので取りに行きます」とメッセージをくれたが、狼森へ行く理由ができたので、喜んで配達することにした。

 

土曜だったので娘を連れ出した。ついこの間「味噌ラーメン」が食べたいと娘が言っていた。彼女がラーメンを食べたいというのはかなり珍しい。

(娘もラーメンが好きだろう)と勝手に思っていたのは、ラーメン好きな親のエゴだったかもしれない。

 

『 Cross-j 』は、ジムニー専門店としてよく知られた車屋だが、オーナーの櫻庭さんは、学ラン(長ラン)を着こなす「岩木山ヒルクライム」の実行委員として、よく知られる人物だ。

大きく立派な社屋に到着すると、櫻庭さんが出迎えてくれた。残念ながら、学ランは着ていなかった。

ここ数年、アウトドアの人気と共に爆発的な人気を誇る「ジムニー」だが、今は人気がありすぎて、なかなか入手できないらしい。

 

宣伝ありがとうございます。

 

また、鍛え直して「岩木山ヒルクライム」に挑戦できるよう頑張ります。

ありがとうございました。

 

『 Cross-j 』を後にして車を走らせ、近くの交差点を左に曲がると、すぐそこに店はあった。

店の脇の駐車場に車を停めると、すでに香ばしいカマリコがしている。

 

「狼森の味わい みそラーメン」

 

中には座敷の方に、カップルが一組だけいた。

私と娘も座敷のテーブル席に座った。「味噌ラーメン」と「味噌チャーシューメン」を注文して、チャーシューを半分ずつ分けることにした。

ここに来る客のほとんどは、味噌ラーメンを注文しているのではないだろうか。

私たちの後から来たオジさんも「味噌ひとつ!」と店に入るや否や声を発していた。

 

雑多な雰囲気がまた良し。

 

座敷の方には、店の大将が山登りや釣りをしたときの写真などが飾られている。

そういえば、写真仲間の小田桐くんが、先日ここを訪れたときのことをFacebookで書いていた。(啓太くんへ。勝手に抜粋して申し訳ありません)

散歩がてら狼森食堂へ。他にお客さんもおらず、大将とゆっくりお話し。

「まんぼうになってからお客さんが激減。11時台に数人、12時台はお客さんは来ず、13時台にまた数人、という日々。夜営業してないから時短要請の協力金の対象外。どうしたらいいのか…」

不要不急の外出はするなと言うなら、こういうお店にも補助が必要では?食べに出れる人は感染対策をして身近な町中華や食堂に行って助けるのも必要かと。そして一番高いメニューを頼んでお金を落とそう。

 

「はい〜 お待ちどうさま〜」

 

味噌チャーシューメンと味噌ラーメン

 

いかにも「味噌ラーメン」らしい「味噌ラーメン」の味。

麺は太すぎず細すぎすで、思った以上にちゅるちゅる感あり。ニンニクや胡麻油、唐辛子もピリッと効いている。

キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎ、ニラ、きくらげなど、野菜たっぷりで嬉しいボリューム。そして、もっちりと厚みのあるチャーシューも美味し。

 

「今まで食べた味噌ラーメンの中で、一番美味しかったかも!」と、帰りの車の中で娘が言った。

弘前の街中からは、少しだけ離れているけども、足を延ばす価値のあるラーメン屋さんです。あったまるヨ。

 

狼森食堂

弘前市大字狼森字天王8-4  定休日:火曜日(前回学びました)

 

 

 


タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です