toggle
2022-04-15

納豆オムレツ


 

少し早めに仕事を終えて帰宅した。

そんな日は晩飯を作る。帰り道、スーパーには寄ったが、買ったのはビールとポテチだけ。

冷蔵庫に残っているものを使うことにしていた。

 

しかし、帰宅して冷蔵庫を覗いてみたが、大したものは残っていない。

卵と納豆があった。キャベツが四分の一玉あった。

朝飯に出そうな食材ばかりだったが、熱を通せば晩飯のおかずになる(だろう)。

 

いつもよりも早い時間となれば、軽く一杯やりながら飯支度をしよう。

どうせなら、ノリの良い音楽を聴きながら飯支度をしよう。

 

 

『SERGIO  MENDES  &  BRASIL ’66  /  EQUINOX 』

音が良ければ、安ワインもまた美味し。

 

卵と納豆となれば「納豆オムレツ」しかない。が、「納豆オムレツ」には欠かせないネギがない。

キャベツはあるけれと、オムレツの具としては如何なものか。こうなれば、思いつくままにアレンジする。

 

まずは、キャベツを細かく刻んで炒めてしまう。

香ばしさを出すために、「スタミナ源たれ」の『塩焼きのたれ』を使う。少しだけニンニクの風味もあり、なかなか使えるコレ。

キャベツだけを炒めて、皿に盛った熱々のご飯の上にノッけてしまう。

 

次はオムレツ。

器で溶いておいた玉子3個とマヨネーズをフライパンに流し込む。マヨネーズはオムレツのふんわり感を出すらしい。

弱火で数分ほど熱を通したら、納豆をその上にノッけて、蓋をしてまた数分。

 

その間に、ワインを飲みながらトマトサラダを作る。

ここ最近、連日トマトをいただく機会があり、冷蔵庫にトマトがたくさんあった。

 

フライパンの蓋を開けると、中はちょうど良い感じ。

納豆を包むためにフライ返しでひっくり返そうとすると、あれ?こびりついている。

フライパンから剥がして、強引にひっくり返す。こりゃ、ふわとろオムレツじゃなくて、卵焼きだな。

 

熱々のご飯の上に炒めたキャベツ、その上に納豆オムレツ(焼き)をデンとのせる。

ちょっと焦ってひっくり返したせいか、オムレツの形も整っていない。いや、むしろグダグダ。

 

 

「うん、美味しい!」と娘が言う。

「そうか?」と思いながら、食ってみる。

 

ん〜…まあまあか。

とりあえず、熱を通せば晩飯のおかずにはなる(らしい)。

by  キッチンドランカー

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です