toggle
2019-06-14

弘前のラーメン / 『〇鐵二代目(まるてつにだいめ)』移転しました!


 

新店舗『〇鐵二代目(まるてつにだいめ)』

 

あの

「〇鐵二代目(まるてつにだいめ)」

が、遂に移転オープン!

 

 

移転は先月5月だったので、もはや最新ニュースというわけではないが、実は移転後すぐ、何度か足を運んだのだ。

しかし、新しい店舗の前にある広い駐車場は常に満車。そして店舗入り口から外に続く待ち人の行列。

どのくらい待てば良いのか見当もつかないこの行列に並ぶのは、仕事の昼休みにはちと厳しいものがある。というわけで、行く度に店の前を素通りしていた。

おそらく土日は無理だろうと思い、つい先日の月曜日に再チャレンジしてみると、なんと駐車場に数台の空きがあるではないか!迷わずイン!

 

正面を木で覆った店の外観は、少し和風モダンな趣であるが、そこに「ドン!」とデカく目立つ『〇鐵』の看板。

中に入ると、10人ほどが座れる長椅子がある。どうやらそこで待つらしい。私が訪れた時は5人ほどが待っていた。

待っている間、メニューを見てみたが、基本的には以前と変わりなし。トッピングなど、少しだけ値上げがあったように思うが、市内の他のラーメン店と比べても決して高くはない。クオリティを考えれば、むしろ安い方かもしれない。

 

カウンター席が空いたらしく、私が先に呼ばれた。中に入り、カウンターに座って店内を見渡してみる。以前の店よりも広いように感じたが、テーブルは多くなく、全体の席数は以前と変わらぬ印象だ。

カウンターは少し広くなっただろうか。あまり窮屈な感じはない。そしてカウンターから厨房の様子がよく見える。

ここ「〇鐵二代目」のメニューは「最高の中華」と「最高の極煮干し」の2本だて。しかしおそらく、これを読んでいる方はお分かりだと思うが、来店客のほとんどの人が「裏メニュー」を注文する。

それが「なみおか」と「かぐら」である。店内のメニューにないから裏メニューとされているが、その存在は「表メニュー」以上に、ここ「〇鐵二代目」の看板メニューになっていると言えよう。

その「裏メニュー」がどんなメニューなのかを、今更ここで書くのも書くのも気がひけるので、お時間があれば、以前書いたこちらのブログ⇩をご参考までに。

『 弘前のラーメン / 「〇鐵二代目(まるてつにだいめ) 」の ザ・裏メニュー 』

 

私がここで頼むのは、95%くらいの確率で決まっていて「なみおか・細麺・普通盛・ネギ増し」 ここの細麺は、いわゆる津軽中華にある細麺よりも少し太めでコシがある。

そして、濃いめのスープにこのネギ増しが合うのだ。チャーシューは、個人的にはデフォルトのこの大きい1枚で、充分味わうことができる。

 

「なみおか・細麺・ネギ増し」

店舗が移転して、規模が大きくなったりすると、味が微妙に変わったり、なぜかメニューがチェーン店ぽくなったりして、がっかりすることがある。

はたして、「〇鐵二代目」は大丈夫だろうか?…と少し危惧していたが、そんな心配は全くなし。以前のあの味と変わることはなく、濃いスープではあるが決してしょっぱすぎず、ドロドロせず、そしてキレのある、あの『〇鐵』の味は健在だった。

これからも、安心してリピーターになりたいと思う。

「〇鐵二代目」店舗情報。

 

〇鐵二代目(まるてつにだいめ)

場所は、国道7号線と県道268号線の交差点(すき家高崎店のあるところ)を境関方面に進んですぐ左手にあります。

 (駐車場あり)


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です