toggle
2021-11-11

つがる市のラーメン / 『大番』のチャーシューメン


 

先日、つがる市木造から金木へとツーリングをした。

本来は十三湖へと向かう予定だったが、あまりの暴風で断念。金木までなんとか辿り着き、そこから引き返すというヘタレライドであった。

 

 

ヘロヘロになりながら木造まで戻ってきて、その時に食べたのが『大番』のラーメン。

木造の街中にはいくつかの老舗の食堂があるが、中でも有名なのは『神武食堂』だろう。私も何回かおじゃまし、人気の担々麺をいただいた。( → 「つがる市のラーメン / 木造駅前『神武食堂』の担々麺」

しかし、最近は歳のせいかシンプルな中華そばを好むようになった。木造の街で昔ながらの中華そばといえば、『大番』が美味しいと聞いたことがあったので、今回のツーリングでは『大番』で中華そばを食べると決めていた。

 

木造で最も大きな病院として知られる尾野病院。その尾野病院が『大番』の隣にあったのだが、現在は裏手の方に移転し、近代的な建物がドーンと建っている。なので『大番』の隣の建物は現在解体中。

人の出入りが多かった病院が移転したとあって、通りは若干賑わいが薄れている気がした。

 

『大番』の暖簾

訪れた時間が少し遅かったせいか、店に入ると客はいなかった。

『神武食堂』とは違い、メニューはラーメン中心のメニュー。「玉子ラーメン」というのも気になったが、暴風の中走ってきたので、なんとなくカロリーが欲しくて「チャーシューメン」を注文した。

メニューの周りには、木造出身と思われる関取の写真が飾られていた。元横綱の旭富士もこの街の出身で、よく『大番』を訪れるらしい。

歴代の立佞武多のポスターも飾られている。

 

メニューと関取衆

 

立佞武多のポスター

「チャーシューメン、お待ちどうさま」

目の前に置かれたラーメンは、一見津軽によくある中華そばに見える。が、並々としたスープに油が浮いている。スープを飲んでみると、意外にもパンチの効いた動物性のコクのあるスープだ

昔ながらのアッサリ支那そばを想像していただけに、カロリーを欲した身体には嬉しい誤算である。

そして、なんといってもチャーシューの味付けが良い。少々しょっぱめ。いや、わりとしょっぱめである。メンマもたっぷり。そして麺はやっぱり細めの縮れ麺。

 

チャーシューメン

(あっさり支那そばだと、ちょっと物足りないけど、昨今のこってり煮干はちょっと年齢的にきついしなあ…)という津軽のオッさんにとっては、満点に近い中華そばではなかろうか。

あ〜、書いているうちに食べたくなってきたよ。

また、行こう。

 

 大番  

つがる市木造若竹6-1

営業時間 11:00〜14:00  定休日 月曜

 

 

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です