toggle
2021-12-14

ツール・ド・ツガル / 味噌ラーメンを求めて走ル


 

雪が降っている。津軽の12月だから当然のことだ。

しかし、1週間前の火曜日は寒さも緩み、数日前に降った雪もほとんど消えていた。

(もしかしたら、今日が今年最後の走れる日かもな…)そう思い立ち、私は岩木山神社へと走り出した。

 

前回のライドは、予想外の鼻血による途中棄権という不甲斐のないものだった。

その反省をもとに、この日は朝から鼻をグリグリしないよう気をつけ、念のためにティッシュをウェストバッグに仕込んで出発した。

 

街中の雪はほとんど消えていた。しかし百沢あたりはまだ残っているかもしれない。

特に除雪が入ると路肩に雪が寄せられるので、その雪解け水で路面はウェットの可能性もある。

ならばと、バイパスではなく旧道の宮地造り坂を上ることにした。おそらく除雪は入っていないだろう。

予想は的中した。うっすらと積もっていただろう雪は、太陽の光で全て消えていた。

岩木山神社までの旧道を走る車はほとんどなかったが、それでも神社に到着すると、駐車場には十数台の車があった。

 

これが今年最後のライドになるかもしれない。

私はいつものようにロードを立てかけて、鳥居の向こうに向かって手を併せた。

 

 

12時を過ぎていた。

寒さが緩んだとはいえ、百沢までくるとさすがに冷える。こんなときの昼飯は「味噌ラーメン」に限る。

私は神社向かいの中野食堂へ向かった。ここの「舞茸味噌ラーメン」が好物だった。でも、昨年はやってなかった気がするな。今年はどうだろうか。

入り口を開けて中を覗くと、いつものお姉さんがいた。

「舞茸の味噌ラーメンって、やってたっけ?」と訊くと「あ~ごめんなさい。やってないんですよ」と、残念な答えが返ってきた。

う~む。どうしようか。普通のラーメンなら食べることはできたが、身体は完全に味噌モードになっていた。

神社往復のルートなら、「あねっこ」の味噌もあるし、「ふる里屋」の味噌もある。この辺りは、美味い味噌ラーメンを出す店が何軒かあるのだ。

でもなぜか、来た路を戻る気分にならなかった。私は神社を後にし、そのまま路を上り、すぐに左折して三本柳温泉の方に向かった。

「味噌ラーメンといえば、あそこの店!」というアテがあったのだ。

 

 

 

三本柳温泉を越えると、あとは東目屋まではノンストップで下るだけ。幸い、この路にも雪はほとんどなかった。

東目屋から岩木川沿いを走り、相馬へ。相馬からはアップルロードに入り、小沢方面へと向かう。

ここからは少し坂が続く。でもそんなに斜度がきついわけではない。のんびり走れば問題はない。

 

坂に差し掛かると道路工事をしていた。片側車線のみの走行となっていた。

私は坂の途中の信号でロードから降り、青信号になるのを待った。私が待っている間に次々と車が列をなした。

信号が青になる。片側車線だけだとチャリの自分が邪魔になるので、私はすべての車が走り去るのを待つことにした。

すべての車が去った後、私は坂を上り始めた。走り始めてわかったが、工事区間が思いのほか長い。片側一車線の狭い道をひたすら上る。

すると後ろからものすごい音が聞こえてきた。どうやらダンプカーが近づいているらしい。

私のすぐ後ろまで来ると、そのものすごい音は同じペースで唸り続ける。私を追い抜けないので、背後にピタリと付いているのだ。

私は焦り始めた。工事区間の終わりは、まだまだ先だった。

私は、時速50kmで走るかのように、必死に脚を回した。心臓がバクバク破裂しそうになるくらい、脚を回した。

必死にスピードを上げれば上げるほど、ダンプのものすごい音はピタリと後ろについてくる。私は、脚が攣るのではないかというくらい、脚を回した。

やがて対向車が待機しているのが見え、片側通行が解けたところで、デカいダンプは私を追い越して行った。

こんなに死に物狂いで脚を回したのは、何年ぶりだろうか。

私はガクガクする脚を休ませるために、坂の上でロードをおりた。

 

 

坂の上でロードからおりると、りんご畑の向こうで岩木山が顔を出していた。

アップルロードというだけあって、この辺りは一面りんご畑だ。

私は少しだけ休憩して、再びアップルロードを走り出した。幸い脚は攣っていないようだ。

ちょっとばかりシンドい思いはしたが、あともう少し走れば美味しい味噌ラーメンにありつける。そう思うと、脚もまた軽やかに廻り出す。

 

ひたすら真っ直ぐなアップルロードを走ると、思いがけず目を引く光景に出会う。

リンゴの集積場だろうか。高く積み上げられたケースの色合いにドキッとする。海外の光景のようにも見えた。

 

 

 

こういう秩序ある並びをしていながら、無秩序なカオスを感じさせる光景は大好きである。

もっと間近で撮ってみようかと思ったが、作業員の目が気になって止めといた。他人の土地で変な行動をとることは慎まなくてはならない。

 

しばらく走ると、これまたヨーロッパの高原を思わせるような光景に出会う。

ハイジとクララが走っていそうだ。

 

 

 

「アルプスの少女ハイジ」は、小さい頃はよく観ていたし、好きなアニメのひとつだったが、最近のあの家庭教師のCMはあまり好きではない。

 

小沢の交差点に差し掛かった。

交差点の手前に「アップル食堂」というのがあって、以前から気になっていたが、まだ入店したことはなかった。

(ここにも味噌ラーメンはありそうだな…)と思ったが、店の前まで行くと店休日だった。これはやはり、「あの味噌ラーメンの名店」に行けということだろう。

 

弘前市墓地公園を越え、再び左右にりんご畑を見ながら真っ直ぐなアップルロードをひた走る。

やがて、狼森の交差点が見えた。そして、その向こうに黄色い建物が見える。

「狼森の味わい みそラーメン」の看板。

アップルロード沿いにある、知る人ぞ知る(たぶんみんな知っている)、その名も『狼森食堂』

 

 

「火曜日 定休日」

ガァーーーーーーーーーーーーーーーーン!

 

私は、何も考えることができずに、狼森の交差点を弘前の街に向かって走り出した。

次回へ続く…シクシク

続きは →→→ コチラ

 

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です