toggle
2021-04-01

弘前のラーメン / 『たかはし中華そば店』のチャーシュー麺大盛


 

弘前を代表するラーメンといえば、「たかはし」の中華そば。

もちろんここ数年で、他にも人気のラーメン屋さんはたくさんオープンしたけれど、やはり弘前のラーメンといえば、「たかはし」は外せません。

ただ、あまりに老舗であり人気があるので、今さらここに書くのも何となく気がひける。ずっと前に書いてたし。( 弘前のラーメン / 「たかはし中華そば店」と「中華そば屋 おお田」

 

実はここ最近はそんなにおジャマしていなかった。

10年以上前は、月に2〜3度は訪れていたと思うが、弘前にも多くの美味しいラーメン屋がオープンし、必ずしも「たかはし」じゃなきゃ、というわけでもなくなっていた。

年齢とともに、「強烈な濃い煮干し」を以前ほど身体が求めなくなったというのもある。

 

それでも、たま〜にココの味を確かめたくなるときがあるのだ。で、久しぶりに家族で「たかはし」へ。

でもこの日は、めちゃ腹が減っていたわけでもなかったので、チャーシュー麺の大盛を頼んで娘とシェアすることにした。

 

「たかはし」のチャーシュー麵大盛。食券を買うときは、かなり勇気がいる。

1300円。ラーメンを食べる値段としては、なかなかのお値段。

日頃から、800円を超えるラーメンを頼むことは、ほとんどない。まず、大盛は食べない(食べきれない)。チャーシューは好きだけど、多くても3枚までがいいので、あまりチャーシューは頼まない。

トッピングも多すぎない方が、どちらかといえば好きかもしれない。

 

でも、二人で食べるのだから、ここはやはりチャーシュー麵の大盛で。

「チャーシュー麵、お待ちどうさま」

 

チャーシュー麺大盛

 

ジャーン!

大盛ではあるが、7枚?ほどの大きなチャーシューに覆われて、麵は全く見えない。

娘の器に麵を5分の2、チャーシューを3枚。それでもお互い十分な量である。そう考えれば、二人で1300円は悪くはない。コスパがいいとまでは言わないが、悪くない。

 

久しぶりに食べた「たかはし」のラーメンは、やっぱり「たかはし」だった。

煮干しの味は濃いが、ただ濃いだけではなく、津軽衆の胃袋にはじゅわっと染み入る出汁の味。これぞ「たかはし」、弘前老舗の味。

少食の方とご一緒する際は、ぜひチャーシュー麵大盛を。

 

 

たかはし中華そば店

青森県弘前市撫牛子1-3-6

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です