toggle
2017-05-08

岩木山麓 の 桜


 

2週間ぶりのお休みです。

GW期間、比較的天気も良かったこともあり、みなさん楽しまれたようですね。とくにチャリダーのみなさんは、ツーリングを満喫されたみたいで、楽しそうなFB投稿を見ると羨ましくなり、この野郎と思っていました。いやそんなことはありません。楽しく過ごせたのはほんとなによりです。

ここ2週間はチャリもまともに乗ってなかったので、久々にロング行こうかな、と思っていたのですが…

前日の夕方、近所のEATさんのBBQパーティにお誘いをいただきまして、娘と行ってきました。

Eat & Talk BBQ

そこで思わず飲みすぎ食べすぎてしまい、今朝は少々二日酔いです。娘が今日から学校なので、私も必死に起き,なんとか学校へ送り出したはいいが、つい二度寝。10時過ぎに起きました。

 

 

天気予報では晴れの予報でしたが、ちょいと曇り空。昨日までは酸ヶ湯に行こうかな..と少しワクワクしていたのですが、時間的にも体調的にもちょっと無理そう。というわけでまだ桜の残る岩木山スカイライン方面をめざしました。

前回のブログで、弘前公園の桜ももう終わり…なんてことを書きましたが、山麓の方はまだギリギリ見れそうです。

アネッコから岩木山神社へ向かう桜並木はほとんど散っていました。神社を過ぎ、岩木総合公園に向かう途中では、まだ少し花が残っているところもあります。それにしても今日は風が強い。まあ、だいたい岩木山方面に向かう時は向かい風です。この上りのしんどい向かい風…いい練習になります。

しばらく走ると、残雪に倒れている桜の木がありました。この強風で倒れたのでしょうか。もしかしたら、今冬の大雪の影響もあったのかもしれません。

そんな倒れた木にもみごとな花が咲いていました。

桜と残雪

逞しいですね、自然て。岩木山麓を一周する路は、通称「岩木山ネックレスロード」と呼ばれています。津軽のサイクリストに愛されている、とても走りやすい路です。何よりも景色がいいですから。

とくにこの嶽界隈は美しい。桜の並木がかなりの距離で続いています。今は桜のピンクと新緑や残雪とのコントラストを楽しむことができます。

再び桜の倒木と出会いました。

ここでもみごとな花をつけていました。

総合公園を過ぎると岩木山のカタチが変わってきます。頂上が手前の山に隠れ始め、こんなカタチに。

岩木山と桜

嶽温泉郷に入りました。看板が見えると硫黄の匂いがプンとしてきます。まだ咲いている桜の木がありますね。

嶽温泉の桜

そのまま嶽温泉をすぎスカイラインまで走ります。

岩木山スカイライン到着。そしていつもの場所へ。

アスリートの路

だいぶ散っていますね。

それでも観光客の方がちらほら通りますので、チャリは真ん中ではなく、道路脇に置きます。毎シーズン訪れるこの「アスリートの路」ですが、今年は特別、思い出に残る路となりました。

「 日本で最も美しい村・岩木 」フォトコンテストにおいて、なんと「グランプリ」を頂いてしまったからです。

いやあ、これには本当にビックリしました。でも嬉しいですね。チャリが写ってる写真を選んでいただけるなんて!

この路は、初夏の新緑、秋の紅葉と、季節ごとに色を変える素晴らしい路です。「アスリートの路」は私が勝手に名付けた(というか作品名です)のですが、是非一度訪れることをオススメします。

さて、帰りはのんびりと下り。他のスレンダーなチャリダーさんたちと違い、たっぷり重量がありますので、下りはスピードが出ます。

地蔵茶屋のお地蔵さんのところにも桜が咲いていました。

岩木山神社もそのまま通り過ぎ、まっすぐアネッコまで。遅く出発したので、とっくに昼を過ぎています。アネッコのレストラン「こざくら」で味噌ラーメンを食べることに。ここの味噌ラーメンは結構人気あり。あ、写真撮り忘れました。見た目は普通の味噌ラーメンです。

実はこのアネッコの「こざくら」私が写真を続けるきっかけになった場所。

5年前に初めて「岩木山フォトコンテスト」に応募して「特選」をいただき、その作品が展示された場所なのです。(そのときの作品→コチラ

 

 

当時はまだ小さなデジカメでした。表彰式に行くと、でかーい一眼レフを手にしたおじ様方がたくさんいらしていて、ビビった記憶があります。でもあの時をきっかけにして、チャリを乗りながら写真を撮るというのが、自分のスタイルになりました。

なんかフォトコンの話の方がメインになってしまいましたが…服バカだった自分が、自転車や写真をやるようになったのは、やはり岩木山のおかげです。来年のゴールデンウィークもあまり休みはないかもしれませんが、一日くらいは早起きして桜満開の岩木路を走ろうかな。


スポンサーリンク
タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です