toggle
2017-12-08

【 太平洋戦争開戦 と ジョン・レノンの死 】


今日、12月8日は「太平洋戦争開戦記念日」です。

1941年(昭和16年)の今日、日本海軍はアメリカの太平洋艦隊の根拠地・ハワイの真珠湾を急襲しました。それがアメリカ・イギリスへの宣戦布告という形になり、太平洋戦争がはじまったのです。

アメリカでは、「12月8日」を「Remember Pearl Harbor !」という合言葉のもとに、語り継がれる日となりました。

誰もが悲しくつらい思いをしたであろう、かの「戦争」 その戦争の始まるきっかけとなった「12月8日」を「記念日」と称するのは小さい頃から疑問を感じていました。

なんとなくではありますが、「記念日」とは、例えば「結婚記念日」のように良いことがあった日に使われると思っていたからです。

 

 

そして、奇しくも「12月8日」は、反戦運動で知られる「ジョン・レノンの命日」でもあります。

1980年12月8日、22時50分、スタジオ作業を終えたレノンとヨーコの乗ったリムジンがアパートの前に到着した。2人が車から降りた時、その場に待ち構えていたマーク・チャップマンが暗闇から「レノン?」と呼び止めると同時に拳銃を両手で構え5発を発射、4発がレノンの胸、背中、腕に命中し、彼は「I’m shot!」と2度叫びアパートの入り口に数歩進んで倒れた…(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 

「太平洋戦争開戦とそしてジョン・レノンの死」

本来はまったく関連のないこの二つの出来事。しかし「12月8日」になると、やはり平和を願うジョン・レノンの歌を思い出します。

クリスマスシーズンになると必ず街中に流れる「Happy Christmas(War is over)」や「imagine」の曲。ジョンレノンやビートルズを知らない世代でも、誰もが耳にしたことがあるでしょう。

12月は、平和を願うことが似合う季節なのかもしれません。

そして今朝、Facebookを覗いてみたら、4年前の今日、こんな動画を投稿をしていました。

『 2013年 名峰 岩木山 』
今日ひとつ歳をとりました。たくさんのお祝いメッセージを皆さんからいただきました。ありがとうございます。年老いる自分、変わらぬ自分、進化できるかも..の自分、いろんな自分と向き合いながらケッパります!
お礼と言えるほどの出来ではありませんが、日々変化し日々変わらぬ姿の岩木山をご覧ください

 

 

「12月8日」は自分の誕生日でもあります。

なので小さい頃から、その日が「太平洋戦争開戦記念日」なのも知っていましたし、楽しい「記念日」でもある誕生日が、戦争の始まった日なんだ…と、幼心に複雑な思いを抱いていたような気がします。

あの戦争が始まった瞬間から、すでに70数年もの年月が経ちましたが、再び太平洋に緊張の走る時代となってしまいました。

誰もが自分の「誕生日」には特別な想いがあると思いますが、自分にとっては、またひとつ「歳」をとってしまったことを噛みしめながら、ひっそりと世界の平和を願う日でもあります。


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です