toggle
2018-09-23

柴田祥 写真展 『視界不良』/ Island Gallery


ついていない一日の翌日。10時アポイントの展示会を順調に終わらせて、赤坂見附の「CONVERSE」に向かう。

今回はCIENTOで展開している「CONVERSE ADDICT」の展示会だ。全国でも限られたセレクトショップのみで展開されている「CONVERSE ADDICT」は、コンバースの過去のアーカイブをヒントに、毎回ヴィンテージな面構えのモデルをリリースしている。と同時に、感度の高いディレクターを迎え入れて新しい試みにも挑戦している。

展示会場に入るなり「レッドブル」が出された。ついていなかった昨日とは違ってテンションも上がる。「CONVERSE ADDICT」の新製品は極秘につき、ここでは紹介できないが、やはり来期も中毒マニア垂涎のモデルとなること間違いなし。乞うご期待。

羽田発の飛行機まで時間があったので、私は赤坂見附からそのまま京橋に向かった。銀座方面は久しぶりだ。銀座といえば有名百貨店をはじめ、「GINZA SIX」や「DOVER STREET MARKET GINZA」など、仕事としても見るべきところはたくさんあるのだが、昔から銀座はどうにも性に合わない。田舎者の自分には都会すぎるのだろうか。確かに渋谷や原宿も都会ではあるけれど、かつてはその街の裏通りにある小さな店を発見したりして、渋谷〜原宿〜青山と回遊するのが楽しかった。

今では、だいぶその趣も薄れてしまったが、それでも銀座に比べるとまだ雑多な感じがして、どこかホッとするのだ。銀座はあまりにも綺麗にすべてのものが揃い過ぎていて、探す楽しみに欠ける気がするのだ。お金持ちにはそっちの方が便がいいだろうし、優雅な気分も味わえるのだろうが、所詮田舎の人間である。しょうがない。

京橋にて

そんな田舎者が銀座に来たのにはワケががある。「祥さん」の写真展を観に来たのだ。「祥さん」などと、随分と親しげに呼んでもいいのだろうか?とふと頭を過るけれど、まあ私の方が随分と歳も上だしお許しいただこう。

「祥さん」こと、柴田祥氏は弘前在住の写真家である。本業は写真家ではないのだが、写真家である。私よりもずっと若くて、そしてカッコいい人だ。「祥さん」との出会いは確か4年ほど前だったと記憶している。弘前を中心として結成された「TSUGARU PHOTO MEETING」という写真グループがあって、私も「祥さん」もそこに属していた。

グループの親睦をはかろうと、結成直後に飲み会があった。Facebook上で「祥さん」の写真はちょくちょく拝見していたが、ご本人と顔を合わせたのは、その時が最初だったかもしれない。

その頃の「祥さん」の写真は、今のようにモノクロの津軽の風景というよりは、もっと物語性のある写真が多かったイメージだった。多くの人が撮る津軽鉄道と桜のコンビネーションなども、「祥さん」が撮ると全く違うイメージを感じた。被写体の奥にあるモノを感じさせる作品だった。

写真を始めたばかりの自分にとって、「祥さん」の写真は衝撃的に素晴らしいものであり、そしてその本人と一緒に酒を飲み交わしながら写真談義をできることに興奮したことを覚えている。最後は4人でドップリとなるまで飲み明かしたのもはっきりと覚えている。

私よりは遥かに若い「祥さん」だったが、彼の写真に対する知識、そして彼自身の醸し出す雰囲気など、あの日の飲み会は、私にとって「写真」というものに対するエポックメイキングなひと時であったのだ。

年が明けて「TSUGARU PHOTO MEETING」の第1回写真展が開催された。ディレクションを担当した私は、「祥さん」の作品はコーナーを設けて展示させてもらった。その後、彼は多くの有名なフォトコンテストで入賞を飾り、また個展を開催するようになった。やがて都内の「Island Gallery」のオーナーの目に留まり、毎年のように銀座で個展を開くようになった。

今回の出張が「祥さん」の個展にちょうどよくタイミングが合った。赤坂見附から銀座線で一本。京橋の駅で降り、地上に出るとそこはまさに銀座からまっすぐに伸びた大通り。そこから少しだけ路地を入ったところに「 Island Gallery」はあった。こんな東京のド真ん中、しかも銀座(正確には京橋)で個展をやっている…もうそれだけでスゴい!と思ってしまう。

会場に入ると、モノクロをメインにした「祥さん」の作品がずらりと並んでいた。「視界不良」と題された一連の作品は、津軽の風景を題材にしたものがほとんであり、私自身にとっても馴染みのある風景だった。靄や霧に覆われたモノクロの写真はとても陰鬱であり、かつ美しい。そして何よりもプリントがとても美しい。

現在の世に対するアンチ、でもそこに抗えない自分、そして少々自虐的とも言えるようなキャプションに彼らしさを感じる。そしてその自虐に中に確固たる自信を垣間見ることができる。なぜか妙に嬉しいような気持ちになった。

「なにかをご覧になっていらしたのですか?」と訊いてきた女性スタッフに「祥さんと同じ弘前の者で、写真仲間なんです」と、つい言ってしまった。スタッフの方は大層驚いたようだったが「是非、御記帳をお願いします!」と言われた。

「同じ写真仲間」…などと、とんでもないことを言ってしまった。銀座のど真ん中で個展を開いている人と、たまにチャリンコに乗りながら写真を撮っている自分を、「同じ写真仲間」と言ってしまった。「祥さん」ごめんなさい。でも、同じ津軽を撮っている人間ということでお許しを。

*柴田 祥 写真展 / 視界不良*
会  期 2018年9月15日[土]-24日[月] open 11:00-19:00
入場無料 火曜日休廊
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン/maruman Canson Infinity
*作家在廊日 Sho Shibata*
9月15日(土)・16日(日)・17日(月)
9月22日(土)・23日(日)・24日(月)

都内近郊にお住いの方、出張や旅行でこの会期に都内にいらっしゃる方、ぜひ足を運んでみてください。


スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です