toggle
2017-04-16

FRINGE aomori


「FRINGE」

青森市にあるSHOP。新町通りなどの繁華街からは、ほんの少しだけ離れたところ、長島小学校の近くにあります。外観、内装、家具などすべて自分でデザインしました。床に張った合板も年季が入って見えるよう自分で塗装しました。ただ店舗全体をプロデュースしたのは初めてで、とても段取りが悪く、オープンギリギリまで工事をしていた記憶があります。

当初はレディスも一緒に展開していましたが、レディスは2年ほど前に近所へお引越し。今はメンズメインで、モード、カジュアルをはじめ、クロージングも揃えています。

手掛けていたのはちょうど10年ほど前。建築やインテリア、家具などにも興味が出てきた頃で、東京出張に行っても目黒の家具屋をまわったり、ロンドンやニューヨークの建築、インテリアの写真集を見たりしていました。

中でも好きだったのは、ル・コルビジェの建築と家具。あまりにも有名な建築家、家具デザイナーですから、今さら私がここで説明するのも気持ちが憚られます。「モダンかつミニマル」などという表現も今となっては少々恥ずかしいところがありますが、コルビジェの「モダンかつミニマル」は今でも大好きです^^

あ、お店の話でした。トンがったデザイナーズブランドだけを並べるのならば、コンクリート打ちっ放しの雰囲気もいいのですが、アメカジやクラシコなテイストも展開するので有機的な要素も必要です。イメージとしてはニューヨークのSOHOにある倉庫とか…コンクリートやレンガに木材の温もりも少しプラスされたかんじです。

今日現在の店内はこんなかんじ。横に細長いお店です。ステンレスがパッチワークされたカウンターは、青森で最初にお店をオープンさせたとき(広田神社のところ)に製作したもの。いま見てもカッコいいと思う。

カッコいいといえば、スタッフの嶋中くん。「イケメンかつクレバー」 独身です。

ぜひ、彼のイケメンぶりを見に来てください(笑)

FRINGEのサイトはこちらから→FRINGE  NEW  ARRIVAL


スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です