toggle
2017-06-02

インフルエンザとお酒と珈琲


 

毎日、仕事が終わって帰ったときのビールが楽しみ。あのひとくち目の「プハ〜」は最高ですね。ほぼ毎日のように飲むのですが、実は350ml缶を飲み干すとビールはあと飲みません。外で飲むときはもう少し飲みますが、自宅ではサンゴー缶1本です。あとは寝る前に、ワインをグラスに1〜2杯かアイラを軽く。

だいたいそんな感じです。この1週間、インフルエンザで自宅療養していました。さすがにお酒は厳禁ということで、自粛。毎晩飲んでいたので、多少禁断症状が出るのでは。。。なんて思っていましたが意外にそうでもなかった。

病状として、目の奥がずーっと重く、常に酔ってるようなかんじ。そしていつでもヨコになりたいかんじ。だから飲みたいという欲求が起きないのかも。そして熱があるときって、味がイマイチわかりません。オレンジとかは無性に飲みたくなりますし、実際飲んでも美味しい。それに比べ、ビールの苦みとかは味がよくわからないような気がして飲む気も起きません。

実はもうだいぶ治ったかなという夜に、少しワインを飲んでみようと思いました。1週間ぶり。美味しそうです。ぺろ。ちょっと舐めながら少しだけ飲んでみましたが、美味しくない。全然。

 

 

ま、安ワインではあるけれど。なんかワインの味がしません。やっぱり舌も変になってるようです。療養中は長い時間ヨコになっているので、身体もガチガチ。朝起きたあとは、少し気分転換にコーヒーでも入れて飲もうかな。と、簡単なドリップ式のやつを。夜は毎晩ビールを飲みますが、朝は必ず珈琲を飲みます。でも朝起きてすぐではなく、出社してPCを「ヴィ~ン」と起動させながら飲みます。なんとなく儀式めいたかんじ。仕事に向けてリセットするというか。

で、久しぶりに自宅で飲んでみるわけですが、これもまた、いまいち美味しくありません。やっぱり苦味系の良さは、味わえないようです。

さて、仕事に復帰した日。お昼ご飯を食べに、近所の「すき家」へ。ちょっとサッパリしたものがいいかなと「おろしポン酢牛丼」のサラダセットを注文。牛丼におろしポン酢をのせて食べてみましたが…大根の苦味?辛み?をあまり感じません。ポン酢の味もただしょっぱいだけ。

う~ん、まだまだ身体は本調子ではないようでした。やはり、美味しく食べることができないとダメですね。

 

あ~早く美味しいお酒と珈琲を飲みてえなあ~。

 


スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です