toggle
2018-01-01

2018年 「元旦」


目の不自由な方がすぐ私の横を歩いていた。

女子高校生のようだった。

すすっと、私の方に近づき、ぶつかりかけた瞬間、彼女は私の腕にしがみついた。

「あ、すいません!」 「大丈夫ですよ。駅までですか?」

「はい」 「そのまま、つかまっててください。一緒に行きましょう」

駅に着くまで、たいした会話をすることもなかった。

青森まで行くということだけを聞いた。

駅に着いたので、私は彼女に別れを告げた。

……………………………………..

 

目を覚まして携帯を見たら、10時38分だった。

ずいぶんと寝たらしい。昨夜は、紅白を見ることもなく、ソファに横になっていて気がついたら年が明ける15分前だった。

 

大晦日は、部屋の中に新しい本棚を配置して、部屋のあちこちに積み上がっていた本を整理した。新しいといっても、昔アメリカで使われていたらしい古くゴツい本棚である。

新年に向けて、少しだけ部屋もきれいになった。

 

 

そんな普段やり慣れないことをしたからだろうか、夜はビールやシャンパンを飲んだら寝入ってしまったようだった。

 

テレビに流れる「ダウンタウン」の映像をぼんやり眺めながら、新しい年は明けた。

年越しそばならぬ、年越しラーメンを家族で食べた。煮干しの出汁がとてもよく効いた美味しいラーメンだった。

 
 

初夢とは元旦から2日にかけて見る夢と言われているが、元旦の午前10時38分、目覚める直前に見た夢であるから、これを2018年の初夢ということにしよう。

しかし、どうしてこんな夢を見たのだろう。まあ、どうして?と思うのが夢であるのだけれど。

それにしても、目覚めてなんとも言えぬ気持ちになった。

 

特別、良いことをしたなあ…という気持ちになったわけでもなくて。

目の不自由な方に、あそこまで親切にするのはいいことなのだろうか?と考えたり。

現実に、そういう場面に出会ったら、はたして同じことを自分はできるのだろうか?と考えたり。

そして、世の中には、自分が思う以上に大変な苦労をされている方が、たくさんいるのだろうな…などと思ったり。

 

ここのところ、毎日のように飼い猫の「タンポポ」が布団に潜り込んできていて、今朝は毛布と掛け布団の間に入って、自分の横で寝ていた。

だから寝返りも打てずに寝ていたので、身体のあちこちが少し痛い。

きっと「タンポポ」がこの夢を見させてくれたのかもしれない。

 

 

昨年4月、何を思ったか、柄にもなくこんなブログを始めてしまった。

いつも、何を始めても中途半端な自分。はたして続くのだろうか?と思ったが、何とかこうして2018年最初のブログを書くこともできたようだ。

 

新しい年は、

ロードバイクを走らせ、少しでも身体を絞ることはできるのだろうか。

自分を表現できるような、写真を撮ることができるのだろうか。

娘と一緒に、また東北大会に行って歌うことができるのだろうか。

しっかり仕事はできるのだろうか。

 
 

不安はあるかもしれないけれど、遥か向こうに見える光に向かって歩き始めよう


 

昨年、このような拙いブログを読んでくださった方々、ありがとうございました。

書く文章が、決して上手くなることはないと思いますが、本年もよろしくお願いいたします。

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です