toggle
2018-09-21

ついていない一日


朝6時に自宅を出た。出発時刻が7時半なので少し早い出発だったが、途中コンビニで朝飯を買っていくことにしていた。

近くのセブンイレブンに車を停める。クロワッサンと塩おにぎりを買う。こういう具の入っていないシンプルなパンやおにぎりが好きだ。セブンイレブンのクロワッサンはなかなか美味しいと思う。

朝早いせいか、道はほとんど混んでいない。予定よりも幾分早く青森空港に着いた。駐車場の1階に車を置き、出発ゲートに向かう。チラと1階のチェックインカウンターを見ると珍しく行列ができていた。「なんかの団体さんかな?」と思いながらエスカレーターに乗った。2階は空いていた。私はまっすぐに手荷物検査場に進もうとした…が、そこにいた係員が私に言った。「お客様、〇〇便ですか?本日、あいにくそちらの便は欠航となっております」「へ?」

1階のチェックインカウンターの行列はそれだったのか。いや、真冬の大雪ならまだしも、この晴れ渡る秋晴れなのに欠航とは。頭の片隅にもなく空港に来たが、行列に並びながら携帯を見ると確かに「欠航のお知らせ」が昨夜遅くメールで届いていた。冬場であれば前日にチェックするというのはよくあることだが、晴天予報を見ていただけに全く気にとめていなかった。

欠航の理由は「機材がご用意できていない」というものだった。飛行機が前夜に到着していなかったのだろうか。行列に並びながらカウンターの上にある電光案内を見ていると、次便の空きが◯から△へ、△から✖️へと変わっていく。これで完全に今日の予定は狂ってしまった。12時の便にはまだ空きがあるようだったが、さすがに遅すぎるし、5時間も空港で過ごす自信はない。

自分の番が来た。8時半の新幹線があるということで、それに切り替えることにした。担当の人がタクシー乗り場まで案内してくれた。「あれ?なんかあったのがあ?」と気さくに訊いてくる運転手に、私も気さくに返したつもりだったが、少し投げやりな言い方だったかもしれない。

朝早かったせいもあるが、ひどく眠かった。新幹線に乗ってすぐに眠りたかった。しかし切符を買おうと販売機で空席を見ると、3列席の真ん中しか空いていない。真ん中だと寝るのはしんどい。思い切ってグリーン車をみてみたが、予想以上に高かった。空港で新幹線代として受け取った金額に、プラス4000円ほど足さないといけない。私は諦めて3列席の真ん中を予約し乗車券を買った。

新幹線の中ではひたすら寝ていた。しかし左右のどちらにも頭をもたれることができないので、すぐに何度も目が覚めた。首の筋が痛い。

東京に着いたときには、頭が朦朧としていた。新幹線の改札に向かうと、見覚えのある年配の方が私の斜め前を歩いていた。名スキーヤーの三浦雄一郎さんだった。かなりご高齢なはずだが、歩く姿はしっかりしていてノースフェイスのリュックを背負っている。青森からの同じ新幹線に乗っていたのだろうか。

「スキーヤーの三浦雄一郎さんですよね!私も青森県出身の者です。握手お願いします!」と、勝手な妄想が頭を駆け巡ったが、スキーに関しては全く長けていない自分にすぐ気づいた。自分は何を考えているのだろう…などと思いながら周りを見ると、三浦雄一郎さんはすでに視界から消えていた。

朝6時にクロワッサンとおにぎりを食べてから、すでに6時間が経過していた。何もしないうちに一日の4分の1が経っていた。当初、10時アポイントだった展示会を13時半にしてもらい、気持ちを切り替えるために昼飯を食べることにした。

そうだ!ずっと行こうと思っていた渋谷のラーメン屋に行こう。渋谷マークシティのそばにある【らーめん はやし】という店。「渋谷・ラーメン」で検索すると必ず上位にくるラーメン屋だ。最初に行ったときは、店休日だった。二度目は、15時頃に行ったらすでに閉店していた。三度目の正直、今回はまだ13時だから大丈夫だろう。多少は並んでいても問題ない。

マークシティ横の坂を上り、左に曲がるとその店はある。店の前に来ると張り紙がしてあった。「本日臨時休業させていただきます」

東京に着いたばかりだというのに、妙に疲れた気持ちになった。多くの食堂がランチメニューを掲げていたので、気を取り直して定食を食べることにした。「むつ湊」という、なにやら青森県めいた名前の店があった。そこで「釜揚げしらすと目鯛照焼」というのをいただいた。1000円以内でこのメニューは嬉しい内容だった。

少しだけ気持ちも回復したので、私は「バンブーシュート」の展示会に向かった。それにしても食べ物でこんなにコロコロ気持ちが変わるというのも、人間できていない証拠かもしれない。

飛行機の欠航もあり、計3件の展示会を終えた頃には、9時近くになっていた。メーカーさんと飲みながら晩御飯をともにしようと思ったが、昼のリベンジをして一日を終えようと思い、以前訪れた恵比寿のラーメン屋に行った。そのときはつけ麺を食べたので、今日は普通のラーメンにしよう。基本の煮干しラーメンにしよう。

幸い店は混んではいなくて、すぐに座ることができた。あ〜今日は朝からついていないことがあったけど、ラーメンを食べて明日また頑張ろう。またもや食に頼る自分が情けなくなったが、それで元気になるのならそれでヨシとしよう。

ラーメンがきた。スープを一口。うまい!…けど、ちょっとしょっぱいかな。麺をすする。ストレート気味の麺だが少し固い。食べ進むとなにやら固まりがあった。すくい上げると、全くほぐれていない麺の固まりだった。なんとなく残念な気持ちになった。

気を取り直して、美味しそうな焼豚を食べようと思い箸でつまんでみると、ところどころが赤い。またもや不安な気持ちになりながら食べてみると、噛み切れない。ミディアムレアだった。私はレンゲの下に焼豚を隠して店を出た。もうこの店には来ないだろう。

ホテルにチェックインしてビールとワインを飲んだ。朝も早かったし、今夜はひたすら寝よう。朝までぐっすり寝てしまおう。それが一番だ。

 

朝方までに3回も小便に起きた。

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です