toggle
2019-04-20

【 弘前さくらまつり2019 】 開幕


2014年の桜

本日20日、「弘前さくらまつり」が開幕した。弘前市民だけではなく、青森県そして全国から、この日本一の桜を一目見よう百万人単位の観光客が訪れる。

つい数日前までは、桜の開花予想が何日か置きに発表されていた。最初の頃は、ここ数年同様早咲きの予報が出ていたが、4月初旬に思いがけなく雪が降り、22日あたりに開花が修正された。

しかし、ここ一週間がいきなり暖かくなり、21日に修正されたが、この暖かさが予想以上だったのか結局は19日に開花となった。そう考えると、開花予想ってあんまり意味がない気がする。まあ、祭り関係者はそれによって、いろいろと大変なことがあるのだろう。

今日は娘の参観日で休みを取っていた。午前中参観をし、PTAの説明会などに参加したあと、娘と一緒にさくらまつりに行こうかなと思ったが、どうやら彼女はiPadの方がいいらしい。

一緒にだらだらするのもいいが、身体がナマりきっていたので、少し走ってくることにした。天気もいいし、軽く岩木山神社までと思い走り出したが、岩木川を超えると予想以上に向かい風が強い。まる1ヶ月走っていないだけあって、向かい風に対抗するチカラが全くない。こりゃ〜今年のヒルクライムは無理かもしれないな。

バイパスではなく宮地の造り坂を上る。ところどころに桜の木があるが、ほんのりと蕾が赤くなっていた。陽当たりのいいところは少し咲き始めているところもある。

弘前のみならず、津軽では道沿いに桜が植えられているところが多い。岩木山を一周する「ネックレスロード」にも、たくさんの桜の木が並んでいて、とくに嶽方面に向かう路は美しい桜並木が咲き誇る。ここ数年の早咲きで、岩木山麓はゴールデンウィークがちょうど見頃になっている。

ゆっくりと、しかしヒイヒイいいながら岩木山神社に着いた。前回来たときは、少し雪が残っていたが、今はほとんどない。成田専蔵珈琲店のアイスコーヒーとドーナツを味わおうと思ってきたが、まだ店は設営されていなかった。あのドーナツは神社にツーリングに来たときの楽しみの一つだ。

岩木山神社前停留所

今回は諦めて、向かいの旅館の自販機でジュースを買った。いつものバス停で腰を下ろして休もうと思ったら、バス停が無い!いや、バス停はあるのだが、屋根のある停留所が無くなっていた。3月に来たときはまだあったはずなのに。

ゴールデンウィークも後半になると、岩木山神社の参道にも美しい桜が咲く。弘前公園の桜もいいが、山並みにぽつぽつとさし色を見せてくれる桜の方が好きかもしれない。もう一度ロードバイクで桜咲く岩木山を訪れてみよう。

山を下ると、イオンタウンの前で最後の最後を訴える選挙の演説が行われていた。そういえば、明日は弘前市議会の議員選挙だ。私は手を振る候補者の前をまっすぐ前を向いたまま通り過ぎた。

そのまま弘前公園の外濠に出ると、フワ〜と桜の花の香りが漂ってきた。まだ1分咲き程度だが、たくさんの人が歩いている。

2015年の桜

今年はどんな桜を撮ってみようか。毎年のように桜を撮ることをプレッシャーに感じながらも、今年は少し楽しみながら撮れそうな予感がする。

歳のせいだろうか。きっとそうだ。


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です