toggle
2019-12-27

雪の日の朝


 

のそのそど雪が降っている。

静かに音も立てずに、のそのそど雪が降っている。

明け方から降り続いた雪が、15cmほどに積もっている。

いつもより早く出勤して、雪かきをしなければならぬ。

 

しかし、8時半に私は学校に向かった。

今日は「こども音楽コンクール全国大会 重唱の部」の審査用の録音があるのだ。

音楽室に行くと、4人が練習をしていた。

ステージで歌っているような緊張感を持つために、娘は前髪を上げおでこを出している。

もう、これまで何十回、いや何百回と歌ってきたかもしれない。

顧問の先生も、何度も何度も同じことを指導したことだろう。

(ここは、こうやって歌えばいいのに)ということがわかっていても、今のチカラではこれが精一杯というところもあろう。

それでも、最後の最後まで、ギリギリの時間まで練習をするのだ。

 

TBC東北放送のバスが来た。

先生がお迎えに行っている間、少しだけ子どもたちと練習をした。

「ソプラノが高い音にポンと上がるところは、張り上げずに、なるべく軽く」

「4声に分かれたところは、アルトはしっかりと音を鳴らす」

「クレシェンドは勢いを持って、デクレシェンドはすぐ弱くせずにゆっくりと」

………………………………………..

 

自分が小学6年生の頃の冬休みは、何をやっていただろう。

中村川の土手に小さなジャンプ台を作り、ミニスキーで飛んでいた。札幌オリンピックで金メダルを獲った笠谷幸生の真似をして。

部屋の中をシンナーの匂いで充満させながら、プラモデルにレベルカラーを塗っていた。「TAMIYA」の1/24スケールの兵士を熱したドライバーで改造し、ブルースリーを作った。

冬休みの宿題で、いつも「雪の岩木山」を描いていた。

 

………………………………………..

TBCのスタッフの方々が音楽室に来た。

「がんばれよ〜!」

私は、4人に一言だけ発して、音楽室をあとにした。

 

のそのそど雪が降っている。

静かに音も立てずに、のそのそど雪が降っている。

明け方から降り続いた雪が、20cmほどに積もっていた。

早く店に行って、雪かきをしなければならぬ。

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です