toggle
2020-08-03

ダイエットで「5kg減量」に挑戦する


 

「ダイエット」に挑戦してみることにした。

 

独り暮らしをしていた 13〜14年前までは、

高カロリーの飯を食ってはヨコになる。ポテチを片手に酒を飲みながらビデオを観る。たまに運動するといえば、バッティングセンターで金属バットを振る程度。

そんな生活を毎日続けていて、人生最大の重量になっていた。まあ、それでもBMI値はギリギリ標準内におさまっていて、一般的な「肥満体型」と呼ばれるほどではなかった。

ただ仕事柄、理想体重よりも5kgほども多ければ、着れるものが限られる。洋服に興味のない人であれば、ワンサイズ上を着れば済む話だが、ワンサイズ上を着て、着丈や袖丈が長くなるビジュアルはよろしくない。

 

結婚をし、娘が生まれてからも、食べるものは変われども身体を動かすことはなく、鏡に映る体型はほとんど変わることがなかった。

が、8年前。ひょんなことからロードバイクを乗り始めた。

 

初めてロードバイクに乗った日 2012年4月22日

 

とくに減量を目的としたわけではなく、なんとなく身体を動かしてみたいと始めてみた。岩木山や鰺ヶ沢など、津軽の山や海を走りながら写真を撮ることもツーリングを楽しむ後押しとなった。

週一の休みにツーリングする程度だったが、次第に、2日に一度のペースで岩木山神社へ朝練するようになった。翌年からは「岩木山ヒルクライム」のレースにも参加した。

 

走り始めてから2年後、体重は「8kg」ほども減っていた。

胴囲も締まり、昔に愛用していたジーンズを履くことができた。身体が軽くなり、新しい自分になったような錯覚を覚えた。

 

そして現在。

それは錯覚だったことを改めて実感している。

「8kg」も体重が減ったのは現実だったが、それは永遠の自分の姿ではなかったのだ。2020年現在の自分は、独身時代の体重とほぼ同じになっていた。

 

娘が保育園だった頃は、朝の時間に余裕があったが、小学生になってからはなかなか朝練をする時間を作れなかった。

いや、その気になればできたに違いない。4時半に起きて走ってくればいいだけのことだ。でも、そこまでストイックにはなれなかった。

やがて、走るペースは再び週一になり、自走ロングライドの回数も減り始めた。

 

ただ、現在の年齢を考えれば、そして今後継続をすることを考えれば、今のペースでロードバイクを楽しめれば十分だと思っている。

これまで通り、津軽のいろんなところを走りながら、写真を撮る。美味しい郷土のグルメを楽しむ。たまには温泉も。

 

だがやはり、このままの体重ではいけない。今後、ロードを楽しんで走るためにも、このままではいけない。

年齢とともに代謝が落ちているのは明らかである。水を飲むだけでも太ってしまいそうだ。

とりあえず運動に関しては、これまで通りにロードバイクを楽しみながら続けること。ペースとしては、週に1〜2回。月に200km、シーズン1500〜2000kmくらいを目指そう。

 

問題は食生活。これはわかりきっている。

大好きなラーメン。大好きなビール。大好きなワイン。大好きな…

超ラーメンマニアほど食べてるわけではないし、ビールだって毎晩350ml缶一本。ワインもグラスで軽く。という程度だけど、ダイエットを目指すのであれば、その「程度」も再考は必至。

ネットで自分の体型・体重などを試算してみたら、1日の摂取カロリーの理想は1800kcalらしい。

3食で割ると1食あたり600kcal。朝はそんなに食べないので、なんとなく実践できそうな数字だが、問題は寝る前の飲酒とつまみだな。

 

体質だとか食べるものだとか、運動だとか。いろいろあるけれど、最終的には精神的に強いうかどうかの問題である。

 

右側のキャラになることは永遠にないけども

 

現在〇〇kg。

まずは、これを8月いっぱいで「2kg」落とす。そして年内で「5kg」落とす。

果たして意志の弱い自分は、この目標を達成することができるだろうか。1ヶ月ごとに定期的に公開することによって、自分にプレッシャーをかけてみようと思う。

 

まずは、今夜のビールにかかっている。

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です