toggle
2020-09-03

親父の命日


 

骨折してから4週間。

 

この期間は、自分のための忘備録として「骨折闘病記」ばかりを書いていた。

当然、チャリのことは書く気も起きず、写真のことも頭から抜けていた。写真を特集していた雑誌「pen」は買ったけど、まともに読んでいない。

そういえば、毎年必ず応募している『岩木山フォトコンテスト』のことも、すっかり忘れていた。岩木山ツーリングの帰りに骨折したのだから、今回の応募は素直にお休みしよう。

ラーメンの食べ歩きもしていない。8月の初めにダイエットを宣言したが、その直後に怪我をしたこともあって、とりあえずカロリー抑えめの幾分健康的な食事にシフトしている。1kg は痩せたと思う。

左手が使えなくても、これまでと同様にできていることがあった。それは音楽を聴くことだ。

左脚、左腕、と怪我をしたが、幸い左耳は大丈夫だったので、両耳にイヤホンを差し込むことはできる。歌仲間が沢山の楽譜を送ってくれた。久しぶりに楽譜を眺めながら聴いている。

現状では、ほとんどのコンクールが中止になっているが、きっといつかは再開される。そのときのために、少しずつ練習しようと思う。

 

 

それにしても。自分のブログに、1ヶ月もの間、チャリのことも写真のことも、そしてラーメンのことも書いていないのは初めてのことだ。

いや、他人からしてみれば別に大した問題ではない。しかし、ひとつのことだけを書き続けたことは、自分にとって大きな出来事だ。なにかエポックメイキングな出来事になるかもしれない。

漠然と時を過ごすことはしたくない。この先の、決して長くはない人生において、「何かをする」ためのキッカケにしたい。

「何か」が何なのか、今はわからない。「何か」が、時折ぼんやりと見えかけるけれど、すぐに消え去ってしまう。

 

3年前の命日 鰺ヶ沢の海にて

 

9月3日は、親父の命日。

 

9月だというのに、気温37度とありえない予報が出ている。どのみち、この身体では墓参りにいくこともできない。

「いまの自分は、何を考え、何をしたらいいのだろうか」

自分のベッドのすぐ脇にある小さな仏壇に向かいながら、親父とゆっくり話をしてみようか。

 

 


スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です