toggle
2021-04-29

2021年の静かなる桜


 

年々早まる桜の開花。今年はとくに早かった。

『弘前さくらまつり』が始まる頃には、外濠は散り始めていた。そして春の風が容赦なく花吹雪を舞い散らせていた。

「もう少し花が持てばいいのに」「咲くと強風が吹くんだよなあ」と、人間は人間にとって都合のいいことを言う。昨年はコロナウィルスの影響で中止となっていただけに、今年のさくらまつりを楽しみにしていた人は多いだろう。

それなのに、自分の足はなかなか公園に向かなかった。

 

休日の朝。5時に目が覚めた。

ふと思い立ち、暖かい格好に着替え、X100Fを首から下げて外に出た。冷たく張り詰めた空気の中を、MTBで公園に向かって走り出した。

 

まだ5時半だというのに、中央高校近くの濠沿いには多くの人がいて、カメラを構えている。花筏を泳ぐオシドリでも撮っているのだろうか。

その光景を横目に亀甲方面に向かう。亀甲交差点に来ると、ここでも多くの人がカメラを構えている。朝焼けの岩木山が濠に映り込む絶景スポット。皆と同じようにファインダーを覗き込む…が、私はシャッターを押すのをやめた。

そのまま外濠沿いを走ると、やがて濠の向こうに春陽橋が見える美しい光景が現れる。ファインダーを覗き込み、今度はシャッターを押してみる。が、再生された画像を見てすぐに削除した。

春陽橋から、桜並木がカーブする外濠の光景。ここでもファインダーからその美しい光景を見つめるが、シャッターを押すことはなかった。

 

数年前からわかっていた。「誰もが美しいと思う風景を、誰もが美しいと思う写真に撮る」ことが、自分にはできないのだ。

それは、技術的なものに起因していることは明らかだったが、それ以前に「美しい風景を撮りたい」という心の動き…どうやらそれが自分には欠如しているらしい。

 

結局、シャッターをほとんど押すことなく、公園を一周して再び外濠に戻ってきた。

外濠では花筏の中をオシドリが泳いでいた。私はファインダーを覗き、シャッターを押してみた。すぐに画像を再生してみるが、オシドリは見事にブレていた。やはり、向いていないようだ。

ふと目を戻すと、オシドリの泳いだ後に、少しだけ水面が現れ、そこに日の光を浴びた桜の花がわずかに写っていた。

 

一面を覆っている、まさに花筏もあれば、少しだけ覆われている水面もあって、そこに写り込む桜の花がそれぞれの表情を見せている。

そのどれもが静かな佇まいで、しかし静かに主張をしていた。

 

90%

 

60%

 

30%

 

10%

 

0%

 

どんな被写体であれ、光と影は何かを気づかせてくれる。

薄々分かってはいたが、モコモコと競い合うように咲く桜よりも、ひっそりと静かに主張する桜に心が動くらしい。

 

ほんの少ししかシャッターを押せなかったが、心は凹むことなく、むしろスッキリとしていた。

そんなコロナ禍の2021年の桜だった。

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です