toggle
2021-12-21

『おばけやさい』 再開します!


 

昨年11月、妻が「おばけやさい」という名の店を始めた。

自宅の敷地にコンテナハウスを設置して、野菜を売り始めた。

 

弘前市にある小堀農園という農園の野菜で、主力品種は春菊やアスパラ菜、サニーレタスなど。

とくに春菊は「冬陽春菊」という名がつけられていて、これがとても美味いのだ。

農園で温泉を引いていて、冬でも温かなハウスで栽培される春菊はエグ味がなく、生でも美味しく食べることができる。

個人的には、茹でずに生のままでカリカリベーコンなどと一緒に、オリーブオイルをまぶして食べるのがオススメ。ワインにも合う。

もちろん、鍋で日本酒というのも良し。

 

冬陽春菊のサラダ 〜BAR GREN MORE さんのメニューより〜

 

亡くなった妻の最初の嫁ぎ先が、その農園だった。

今は、妻の次男坊がそこで働いていて、いつも美味しい野菜を持ってきてくれる。(現在、次男坊は私と娘と一緒に暮らしているのだ)

こうして書くと、なんだかヘンテコな家庭だし、そもそも元嫁ぎ先の農園の野菜を妻が売り始めたのもヘンテコだ。

そして、今度はその旦那(つまり私)が売るというのも、かなりヘンテコである。

普通に考えれば、あり得ないだろう。

 

でも、普通って何だろうか。

普通が幸せなのだろうか。

大学に進学しながら、教員ではなく服屋になった時点で、自分は普通じゃないと思ったことは何度もあった。でも不幸ではなかった。

むしろ好きなことを職業にできたなら、それは幸せといえるのかもしれない。

 

いや…そもそも普通なんてものはない。

誰もが唯一であり、その人の仕事であり、暮らしであり、生き方なのである。

だから、少しヘンテコではあるけれど、私は妻の意志を継いで今年も美味しい野菜を売ることにした。

 

店の名前は、これまで通り「おばけやさい」

この名は妻が名付けた。キャラクター(ボコビーという)は、妻が原案を考えて娘が図案化した。

店名のロゴと、イエローの看板は私が手作りで夜な夜な仕上げた。

 

ハンドメイドの看板とボコビー

 

ただ、残念ながら店主はいない。実店舗もない。

だから、配達だけ。おそらく週に2回くらいのペースでの配達。仕事のある日は、夜の配達になるかもしれない。

 

そんなかなりマイペースな「おばけやさい」だけど、それでも「あの美味しい野菜が食べたい!」という方がいれば、ぜひお届けしたいと思います。

野菜のご希望があれば、私宛(Facebook または Instagram)にメッセージをください。そのときに、配達日などを相談させていただきます。

 

Facebook →  www.facebook.com/ferokie/

Instagram →  www.instagram.com/ferokie/

 

なるべく採れたての新鮮な野菜たちをお届けいたします。

今のところ、お売りできる品種は、冬陽春菊、アスパラ菜(オータムポエム)、サニーレタスの3種。

どれも、身体が喜ぶ美味しさです!

 

” Merry Christmas Mr. Obakeyasai “

 

おっと、知らぬうちに商売言葉になってしまった。

40年近くも客商売してるのだから、しょうがない(笑)

とりあえず、この冬も「おばけやさい」をヨロシクお願いします!

 

 

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です