toggle
2018-03-01

変り種スニーカー / 「adidas」と「NIKE」


久しぶりにスニーカーのお話。

仕事に活かそうと思って始めたこのブログでしたが、知らぬうちに「写真」のことや「ラーメン」のことなど、結局自分の好きなことばかり書いています。

自分のブログだから別に問題はないのですが、やはりたまには「仕事」のことも書かないと。

3月に入りました。お店にも春物が続々と入荷中。

津軽の3月といえば、まだまだ雪がたくさんあるわけですが、どういうわけか今頃になって道路の除排雪が盛んに行われています。いろいろ予算の関係もあるのでしょうか。

路肩に雪はあるけれど、おかげさまで天気の良い日は路面が乾いていることが多くなりました。そうなるとやっぱり、ブーツに代わってスニーカーを履きたくなりますね。

自分が小学生だった頃(えらい昔ですが)は、雪が消えて土が見え始める(アスファルトではありません)と、それまで履いていた長靴からズックに(勿論スニーカーという言葉はありません)変わります。

足元が軽くなり、ついつい走ってしまいます。あの頃の、あの土を踏むウキウキした気持ち。誰でもあったと思います。

今となっては、そんな初々しい感覚も薄れ、ついついどころか、渋々でも走らないことには自分のボディは膨張するばかり。そろそろペダルを回し始めないと、夏場ジャストサイズのTシャツを着ることは、impossibleです。

さて、自分のようなだらしない大人でも、新しいスニーカーを見るとやはりワクワクします。

もうすでに自宅のシューズラックには収まりきれない数のスニーカーがあるのですが、自分の持っていないような色や配色のスニーカーを目にすると、身体がピクッと反応してしまいます。

そして、フォルムそのものを見たことがないような変り種を見ると、ビクビクビクっと痙攣してしまいます。

いわゆる『定番』と呼ばれているスニーカーは、数十年前に発売された頃から、ほとんどスタイルを変えることなく今に至っているので、洋服好きはもちろんのこと、それほど興味のない人でも多くの人が知っているはず。

「CONVERSE」のオールスターや「adidas」のスタンスミスはその代表選手。もちろん「NIKE」や「NEW BALANCE」にもそいうモデルは存在します。

でも、スニーカーの歴史を辿って見ると、たまにオモシロイ「変り種」のモデルがあったりします。

それは、当時ではあまりにもキワモノすぎて売れず、そのまま消滅するモデルもあれば…逆に、カリスマ性のある人が履いたことによってプレミアがつくほどの人気になったり。恐ろしいことに、強奪や殺人事件など社会現象を引き起したこともありました。

昔から革新的なオモシロいモデルをリリースしたのは、やはり「NIKE」。

代表的なのは『エアモック』でしょうか。あのコロッとしたコッペパンにしか見えないフォルムは、どう見てもスニーカーには見えないし、どう見てもスポーツには適さないようなモデルでしたが、どういうわけかストリートやアウトドアスタイルの好きな人にウケて、爆発的に流行りました。

自分も持っていましたが…行方不明です。

「adidas」の変り種といえば、やはり『マイクロペーサー』
走るためのデータを計測できる小さな機械が埋め込まれたスニーカーです。現在では「NIKE」あたりがそういったハイテクスニーカーを作っていますが、当時のそれはランニング用というよりは、スタートレックのような近未来スニーカーに思えました。

実はこれも自分は持っていたのですが、実際に走って計測してみたことは一度もありません(笑)

ちょいと前置きが長くなりましたが、今ちょうどそんな「変り種」が入荷してきました。

adidas MATCHCOURT MID SLIP
メンズ&レディス共にあり

「adidas」の中でも【スケートボーディング】というカテゴリーの商品です。

いわゆる「スケボー」のためのシューズなのですが、別にスケボーができなくても問題ありません。いまどき、バスケをする人がオールスターを履いて試合に出る人はいませんし、スタンスミスでテニスをやっている人はあまり見たことがないし。

スリッポンタイプでありながら、ミドルカットってところがまたフォルムの面白さを際立てせています。暖かくなって、8分丈のパンツなどを履く時季なると良さげですね。

このコロッとしたフォルム、女子ウケも良さそうです!

こういうカテゴリーがよくわかりにくいスニーカーの方が、モードにもストリートにも、そしてアウトドアのスタイルにも、自由に合わせられそうな感じがします。

DeeLIGHTのブログでも紹介していますので、ぜひご一読ください。(→ DeeLIGHT CALTRAIN BLOG )

あとオマケでこちらも。

GRANDSTAND II

「NIKE」から地味〜に地味なモデルが入荷しています。

「NIKE」特有のあのデカいスウォッシュはなく、小さなロゴが刺繍されています。エアマックスやエアジョーダンに比べると、かなり地味〜なモデルですが、案外履いてる人少ないかも。

おっちゃん、おばちゃんが履いてたりするかもしれません(笑)

さあ、新しい春。新しいスニーカーを履いて、レッツゴー!(古すぎていい感じ)

明日からまた、天気は荒れそうです。


スポンサーリンク
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です