toggle
2019-06-22

【 チャレンジヒルクライム岩木山 2019 】賞品紹介 ①(スペシャルアイテム編)


 

いよいよ【 チャレンジヒルクライム岩木山 2019 】が、6月30日に開催される。

50歳からロードバイクを始め、5年前からこの【 チャレンジヒルクライム岩木山 】に挑戦してきた。

( 昨年のヒルクラのブログ⇩⇩⇩ )

『チャレンジヒルクライム岩木山 2018』 を終えて

 

最初の年は、毎朝のようにトレーニングもしていたので、初参戦ながらも1時間切りの目標を達成できた。しかしそれ以降は、年々記録も落ちていくばかり。

ビギナーなので伸び代があるだろうと、勝手に思っていましたが、それはやはり、ちゃんと練習をした場合の話…と、気づくのに3年ほどかかる有様。

しかも本番を前にして焦り、龍飛崎往復や200kmライドなど、無茶なことをしたが故に、膝裏の腱やハムストリングをヤってしまったり。おかげで本番は脚が攣りまくり、悲惨な結果になったことも。

昨年秋は、胸に不整脈を感じることもあって、ムチャなヒルクライムはしばらく控えるようになった。まあ、50半ばを過ぎて、身体を壊すような走りをしていては、何のためにスポーツをするのか…本末転倒になってしまうので、最近のライドは身の程をわきまえ、温泉グルメツーリングがメイン。

さて、そんなこんなで、2019のヒルクラはどうしようか悩んでいたら、大会当日が仕事になってしまった。店のスタッフがどうしても参加しなければならないイベントがあるらしく、私が休むことができなくなったのだ。

これまで挑戦してきた「ヒルクラ」の出れないのはちょっと残念であるが、今回はちょうどそういうタイミングだったと思うことにした。いや、決してホッとしているわけではない…..

ただ、実行委員長のKSK氏にはお世話になりっぱなしだし、できれば何かのカタチで協力したい。

毎年、閉会式の時に行われる抽選会の賞品として、店の商品を提供してきたので、今年も何か協賛しようと考えていた。

半年前、CIENTOで扱っているNYのブランド『CHARI & CO』の展示会に訪れた。『CHARI & CO』のオーナー後藤さんに「ヒルクラ」のことを話した。自分も参加していること。そして閉会式で楽しい抽選会などがあること。

そしたらなんと!「是非協賛させて欲しい!」という嬉しい返事をいただいたのだ。

 

その協賛品が先日届いた。パッケージを開けてみてビックリ!自分でも欲しくなるアイテムがたくさん入っていた!

今回は、「ヒルクライム」本番を前に、その賞品たちを紹介したいと思う。(賞品の数が多いので、2回のブログにわたりご紹介します)

 

『CHARI & CO』×『le coq sportif』 TEAM JERSEY

いきなり、こんなカッコいいチームジャージの登場!『CHARI & CO』のロゴとともに、スポンサーとなっている「ルコック」や「G-SHOCK」のロゴなどもあり、おそらく日本国内ではもう手に入らない一品。

サイズは、Mだが結構タイト。160〜170cmくらいで、50〜60kgくらいの人に合いそうなサイズ感。

 

『CHARI & CO』TEAM BIB PANTS

続いては、こちら。先ほどの半袖ジャージとセットアップになりそうなビブショーツ。もちろん、しっかりとしたパッドも装着されています。

夏場であれば、これを履いて、サラッとしたTシャツ一枚でツーリングしてもいいかもしれない。

アクセサリーもあり。

 

アームカバーとソックス

こちらも「ルコック」とのコラボレーションアイテム。春や秋に走るときには、こんなアイテムを携帯すれば、何かと便利。もちろんデザインもカッコよし。

そして、カバー写真でも紹介したコチラ!

 

『CHARI & CO』

メッシュ素材になった『CHARI & CO』のチームジャージ。下の方が写っていないが、なんと!ショーツと一体型になったモデルなのだ。

これはカッチョいい!欲しい!でも残念ながら、こちらもMサイズ。今の自分には到底無理なのであった。

だからヒルクラに参戦する皆さん、これらのアイテムが入賞賞品になるのか、抽選賞品になるのかはわからないが、是非ともゲットを!! 

そして、昨日こちらにお届け。

 

いつも元気ハツラツの実行委員長KSK氏

  

次回のブログでは、普段街で着用できそうなアイテムをご紹介予定。お楽しみに!

『CHARI & CO』についてご紹介していますので、ご覧ください!

 

 

【 CHARI & CO NYC 】

ローワーイーストサイド・ニューヨーク。マンハッタンの中でも高層ビルの少ない最後の下町の雰囲気が残る地域。金融危機の起きた2008年、ニューヨークで自転車屋ブティックとして同時にブランドもスタート。ライダーを抱えチームをスポンサードしながら各国のレースに参加。スケーター、BIKEライダー、アーティスト、カメラマンなどCHARI&COに関係する彼らの思いをブランドのフィルターを通して伝える。ライダーからのフィードバック、ニューヨークのシーンをとらえ、そこから見る世界の価値観、更には10年以上のストーリーを元に利便性と機能性の高いファッションを創っていく。

公式HPもご覧ください → 【 CHARI & CO NYC 】


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です