toggle
2019-10-09

【 TBCこども音楽コンクール 】は 今年も台風と共に


 

週末、とんでもない台風がやってくるらしい。いや、確実に襲来する。

この3連休は、ラグビーのW杯やプロ野球のクライマックスシリーズなど、日本中の至るところで、多くのイベントが開催されるようだ。場合によっては、延期や中止もあるらしい。

イベントは延期や中止で済むが、先月の台風で大きな被害を受けた千葉県に暮らす方々にとっては、とてつもなく怖く、不安に違いない。

少しでも日本列島からそれてほしいところだが、なにぶん今回の台風は規模が大きすぎる。西日本から北日本まですっぽりと包むほどの規模。中心から少し離れた、特に東側が猛烈な暴風を受けることも多いと聞く。

被害が最小限ですむことを祈るばかりだ。

 

そして、その土日。私は、合唱部の子どもたちとともに、台風に向かって南下することになっていた。

【 TBCこども音楽コンクール 】東北大会が郡山市で開催されるのだ。「NHKコンクール」とともに、毎年参加しているコンクールのひとつ。子どもたちにとっては、今年最後のコンクールとなる。

このコンクールの県大会は録音審査で、昨年に引き続き東北大会への切符を手にしていた。「合唱の部」と「重唱の部」のふたつに出場する。

 

2018年の10月6日。昨年のこの日、郡山に向けて出発した。そのときも「台風25号」が南の方から日本を縦断しようと迫っていた。( 参照→【 TBCこども音楽コンクール 】と 「台風25号」) そういえば、そのときに予定されていた「弘前・白神アップルマラソン」は中止になったのだ。

しかし、夜中のうちに台風は東北を抜けてくれた。風の強い中で朝の練習をした記憶はあるが、復路のバスは比較的穏やかだった。

 

今回の猛烈な「台風19号」は、東京湾辺りから関東に上陸し、太平洋に抜けるだろう…そんなルートを予報円は描いている。おそらくは、郡山の上空を通るのは、土曜日の夜中から明け方にかけてだろうか。

状況によっては、コンクールが中止になることもあり得るらしい。何事もなく、ステージ本番を迎えてほしい。

 

娘にとっては、小学校最後のコンクールステージとなる。(このコンクールで万が一最優秀賞を獲得したとしても、今回のステージ音源が全国大会の審査対象になるからである)

先月の名取での「NHKコンクール東北大会」では、娘にとって初めての入賞をすることができた。だから、今回の郡山のステージは、リラックスし楽しんで歌ってくれたらいいな。

 

弘前公園にて

いつもiPad片手にピコピコやっている彼女は、中学に行ったら歌ではなく、PC関係の活動をしたいのだとか。(せっかくだから歌を続ければいいのになあ〜)とは思うのだが、子どもは自分の好きなことをやるのがいい。自分自身もそうだったし。

だから、今回のステージは思いっきり楽しんで、大切な仲間たちとステキな思い出をつくってほしい。そう願っている。

 

 


スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です